着工前に考えたこと

着工前に考えたこと

今までの暮らしを振り返って決めた古民家の断熱リノベーション

この記事から学べること ・豊かな暮らしは誰も教えてくれない・今までの暮らしで良かったことは、新しい暮らしに取り入れる・今までの暮らしで悪かったことは、新しい暮らしで改める 理想の暮らしは過去の暮らしにヒントがある 以前の記事で...
着工前に考えたこと

住宅会社が戸建てリノベーションを断る理由

リノベーションを考え、住宅会社へ相談へ行くと、新築への建て替えをすすめられることがある。工事費が高い、理由が不明確、責任の所在が不明瞭になりやすい等、理由は様々。リノベーションを選ぶには理由が大切。そこに愛着があるのかがポイントです。
着工前に考えたこと

リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションには明確な意味の違いはありません。リフォームは修理や修繕、リノベーションは機能や価値の再生し付加価値を与えるもの。類似でコンバージョンという用途変更がある。リノベのオシャレイメージを利用した偽リノベ不動産に注意。
着工前に考えたこと

建築士が古民家リノベーションを選んだ理由

アパート暮らしの新婚建築士が、一戸建てが欲しくなり、あえて新築ではなく空き家の古民家リノベーションにした理由を解説。その思考の過程に、家づくりをはじめるときに考えることのヒントがある。暮らし方、ライフスタイルを描き、要望を整理するのが大切。