無垢材のフローリングで床は大丈夫か?犬と暮らす家の傷や滑る問題

DIY

我が家に犬がやってきました

2020年9月頃、我が家にミニチュアシュナウザーの家族が増えました。

以前から「犬を飼いたい!」と切望していた妻。

その押しに負ける形で、withというペットショップからお迎え。

 

犬なので、当然家の中を走り回ります。

犬を飼うつもりで床材を選んでないので、無垢材で大丈夫かなと少々心配しつつ暮らしている。

既に半年ぐらい経っているので、床材の状況について考察してみたいと思います。

犬がよく走る場所の床は傷がひどい

床材で一般的なフローリング。

無垢材やカラーフロア等の種類があり、それぞれ特徴が異なります。

無垢材挽き板突き板カラーフロア
材種天然木100%表面2mmが天然木
下地が合板
表面0.2mmが天然木
下地が合板
表面が木目調の
プリントシート
下地が合板
木の質感
足触り
×
温もり×××
調湿性能×××
材料の精度×
傷への強さ×××
反り・伸縮×
傷の補修××
メンテナンス×
床暖房

詳しくは過去の記事にまとめてありますのでご覧ください。

さて、犬と暮らすとなると、気になるのが床の傷。

我が家ではケージの中で飼い、遊ぶ時だけ出しています。

ケージは色々調べた結果、大きさが変えられるこちらの商品がオススメ。

ケージから出ると、そこは犬にとってもう外の世界。

外の世界では犬が好きな場所と苦手な場所があり、走り回るコースはいつも同じです。

その習性がそのまま傷の量に表れています。

犬があまり走らない床
犬がよく走る床

嬉しそうに走り回る愛犬に、なす術なく傷つけられる無垢材の床。

犬は本来地面に爪を食い込ませて走るので、爪で傷だらけになるのはしょうがないこと。

しかし、これがシート貼りのカラーフロアだったらどうだっただろうか。

表面のシートが剥がれ、下地の合板が剥き出しで、修繕は貼り替えしかない。

その点、無垢材であればやすりがけや、水とアイロンを使う方法で貼り替えせずに修繕ができます。

傷も愛着のうちだし、無垢材ならではの味なので、そのまま放置して様子見の予定です。

無垢材でも滑る

犬にとって滑る床は難敵。

滑ってしまうと四肢での踏ん張りが効かず、脱臼や骨折の可能性が高くなるからです。

残念ながら、無垢材の床でも愛犬は滑ってしまいます。

特にボール遊びをしたり、エサ欲しさに走り回る時は要注意。

しかし、床に傷がつくということは、少なからず爪が食い込んで踏ん張っていることになります。

堅い合板にシートが貼られたカラーフロアよりも、無垢材の方がまだ犬向きと言えるでしょう。

それでも心配なため犬用靴下を購入してみましたが、犬が履くのを嫌がってダメでした。

何度も履かせて、慣れさせなければいけないですね。

今後できる対策としては、

 

・足裏の毛を小まめに切る

・カーペットやマットを敷く

・滑り止めワックスを塗る

 

これら3つです。

この中で、カーペットやマットを敷くことだけは避けたいと考えています。

なぜなら無垢材の足触りが良くて採用したのに、それを台無しにしてしまうからです。

犬の快適さも大事ですが、人の快適さを捨てる必要はありません。

上手くバランスを取りながら、共存していきたいと思います。

この記事を書いている私、鶴見哲也の自己紹介は、こちらの記事からご覧ください。
TwitterInstagramのフォローもよろしくお願いします。