古民家リノベーションした建築士の自己紹介

一戸建ての古民家住宅をリノベーションし自宅にした建築士の自己紹介自己紹介

ご挨拶

はじめまして、一級建築士の鶴見哲也です。
築50年程の一戸建ての古民家住宅をリノベーションして暮らしています。
リノベ暮らしをはじめて、1年が経とうとしています。
当時は住宅会社に勤務していましたが、今はwebマーケティング会社に転職しました。
そこで住宅のメディアについて考えることが多くなり、あることに気が付きました。
家づくりの情報で、新築に比べてリノベーションが少ない傾向があります。
さらにマンションよりも、一戸建てのリノベーション情報が少ないのです。
今後高まることが予測されるリノベーション需要の中で、私が経験した情報が何か役に立つかもしれない!
建築のプロでありながら、初めてのクライアント(施主)という立場を経験し、成功も失敗もしました。
リノベーションならではの限られた時間の中で、沢山の悩み、考えたことが、これから家づくりをする方のお役に立てれば嬉しいです。
まずは、そんな私の経歴からご紹介。

建築士としての経歴

1986年
 石川県生まれ
2002年-2007年
 石川工業高等専門学校 建築学科
2007年-2009年
 新潟大学 建設学科 建築学コース
2009年-2011年
 新潟大学大学院修士課程(岩佐研究室)
2011年-2014年
 石川県金沢市で公共建築を扱うの設計事務所に勤務
 小学校や集会場施設の設計、監理を経験
 勤務期間中に一級建築士取得
2014年-2019年
 石川県金沢市で住宅会社に勤務
 注文住宅やリノベーションの設計、会社の広報業務を兼任
 勤務期間中にリノベーションに取り組む
2019年-現在
 石川県金沢市でwebマーケティング会社に勤務

趣味は、写真で副業活動も少々…

こんなリノベーション住宅に住んでいます

障子や壁の一部はそのまま利用した、リノベーションらしいデザイン
和室と台所の二部屋をつなげて、広々としたLDKに
このダイニングテーブルは、あるものを再利用した工夫が凝らされている
昔ながらの縁側をそのまま残した、どこか懐かしい間取り