不動産の内見に持っていくべき調査道具とは

リノベーション用に不動産購入時、内見に持っていくべき5つのもの不動産探し

以前の記事のアドバイス通り、インターネットばかりに頼らず、専門家や友人に相談したら、リノベーション向きの不動産が見つかりました!
今度、見に行こうと思うんですが、何か持って行くものってありますか?

良さそうな物件に出会えてよかったですね!
でも、油断は禁物。
現地をしっかり見ないと、決断してはいけないと思います。
現地確認のため、最低限の持ち物は揃えていきましょう。
それではご紹介します。

この記事から学べること
  • 調査のポイントは、劣化状況の把握
  • 長さを測る「コンベックス」
  • 間取りが書きやすい「方眼紙」
  • 部屋の傾きを測る「水平機」
  • 正確な記録と情報共有のために「カメラ」
  • 暗いところをしっかり確認するための「懐中電灯」

リノベーション住宅の調査のポイントは?

リノベーションに向いている不動産は、劣化が少ない物件です。
そのために、プロに調査してもらうべきだとご紹介しました。
また、ホームインスペクション(住宅診断)を受けるのも有効な手段です。
詳しくは、こちらのブログを参考に。

プロの目に任せておけば間違いないとは言え、自身の目でもしっかりと確認しておくべきです。
この不動産に住むのは、購入するあなた。
あなた自身が気になるポイントを、明確にしなければなりません。
そうすることで、
・調査したプロに不安な点
・リノベーションのポイント
・暮らしのイメージ
が確認できるからです。
せっかく行くのであれば、手ぶらでは勿体ない。
と言うことで、内見に持って行くべきものを確認してみましょう。

内見に持っていくべきもの1:コンベックス(メジャー)

1つ目は、長さを測るコンベックス(メジャー)です。
コンベックスは、金属製の測定機器のことで、部屋の大きさを測るために用います。
金属製というのがポイント。
金属製なのでたるむことがなく、正確に測定できます。
また、折れにくいので、天井の高さが測りやすいです。

TAJIMAより引用

内見に持っていくべきもの2:方眼紙

2つ目は、方眼紙です。
コンベックスで長さを測ったら、必ずメモを取りたくなります。
メモと言っても、間取りがないと書きにくいのが、不動産の内見です。
そのため、自ずと測りながら、間取りを取りながら、メモを取る形になります。
間取りは、直線で構成されているのがほとんど。
そこで、元々線が書いてある方眼紙であれば、間取りを書きやすいのです。
以下の写真は、私が実際に調査時に書いた間取りとメモになります。

建築士の私が書いたので、しっかり目に書いています。
柱や窓がどの位置にあるか、今は何の部屋か書いています。
不動産屋さんとの話で、完成年度や固定資産税の質問をしたので、左上にメモが書いてあります。
この事例ではメモは少なめですが、気になることはどんどん書いていきましょう。
そして質問していき、深掘りしていくことで、購入検討中の不動産への理解、その先にあるリノベーションへの理解が深まります。

内見に持っていくべきもの3:水平器

3つ目は、水平器です。
コンベックスで長さは測れても、傾きを測ることができません。
一般の人達にとって建物は、水平垂直に建っていると信じているはずです。
しかし、専門家目線で言えば、建物は大なり小なり傾いています。
また、人の視覚は曖昧で、目の前で一番真っ直ぐに見えるものを基準に、それに対して傾いているかどうか判断します。
視覚は、あてにならないのです。
そこで、正確に把握するために水平機があると便利です。
最近は、スマートフォンのアプリで測ることができます。
床の傾きの基準は、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」を参考にすると良いでしょう。
新築であれば3/1000、中古であれば6/1000が、傾きの基準になります。

住宅の品質確保の促進等に関する法律

傾きが3/1000未満の場合
・角度:0.06~0.17
・健康被害などの自覚症状はない

傾きが3/1000以上~6/1000未満の場合
・角度:0.23~0.34
・自覚症状なしまたは傾斜を感じる

傾きが6/1000以上の場合
・角度:0.4~9
・めまい・頭痛・牽引感・ふらつき・睡眠障害など生活に支障をきたす

内見に持っていくべきもの4:カメラ

4つ目は、カメラです。
調査は記憶ではなく、記録に残すかがポイント。
そこで、不動産の内見でも、とにかく気になるところは写真を撮りましょう。
調査の写真は、何枚撮っても撮り足りないことがあります。
プロとして、リフォームの相談へ行く際、見積もり中に「あ〜欲しい所が写ってない」なんてことを沢山経験しました。
今時は、スマートフォンで気軽に撮影できるので、部屋の隅々まで撮っておきましょう。
そうすることで、この先進めていくリノベーションの打ち合わせで、設計士さんとスムーズに情報共有ができます。
問題点の把握、共有、それに対する提案が、設計の大切なポイントです。
なるべく正確に知るために、写真が大切だと覚えておきましょう。

内見に持っていくべきもの5:懐中電灯

5つ目は、懐中電灯です。
空き家の場合、電気の契約が切れている場合があります。
窓が少ない部屋だと、部屋の隅が暗くて見えないなんてことも。
また、プロに確認してもらうべき床下や、天井裏を、本人の目で一度は目視しておくべきです。
床下や天井裏は、当然真っ暗なので、懐中電灯なしでは何も見えません。
スマートフォンのライト機能では、光量不足です。
こればかりは、一台懐中電灯を準備して持っていきましょう。
その後は、防災グッズとして残しておけばいいと思います。

今回の記事からの学び

  • 調査のポイントは、劣化状況の把握
  • 長さを測る「コンベックス」
  • 間取りが書きやすい「方眼紙」
  • 部屋の傾きを測る「水平機」
  • 正確な記録と情報共有のために「カメラ」
  • 暗いところをしっかり確認するための「懐中電灯」